愛媛大学社会問題研究会

愛大社研。現代社会の諸問題について自主的に学び合うサークルです。普段は読書会や茶話会を実施。ブログでは活動の告知や報告などを行います。詳しくはhttps://exnihilo1984.wixsite.com/eu-syaken2017

座談会レジュメを作成

座談会企画「ブラック労働を考える」だが、当日の議論のダシになればと思い、とりあえず「基調報告」的なレジュメを作成した。基調というにはあまりに荒いまとめ方だが、無いよりはマシなはず。 慌ててブラック企業関連の書籍について読んでみたが、思った以…

色んなイベントに足を運ぼう

政治的社会的な講演会なり集会なりのイベントには、もう少し積極的に足を運んだ方が良いと考えている。当たり前といえば当たり前なわけだが、イベント主催側の提示する内容にばかり気を取られて、そこに実際に集まる人びとといかに交流できるかを、あまり念…

学生座談会企画案「ブラック労働を考える」

冬休み合宿は見送ることにした。 主な理由は二つある。一つは客観的に、希望者がほとんど集まらなかったこと。気の良い何人かの学友には声をかけてもらえ、勇気づけられもしたが、新規の学友を集めたいというねらいがあったので、それが達成できない分、読書…

今までのやり方に限界を感じる

冬休み合宿の希望者が集まらない。もともと広報にも余り力が入ってないし、仕方ない面も大いにあるが、やはり誰一人として声すらかけられない(厳密には違うが)のは端的に虚しい気分になる。 というより、今までの学習会(読書会)による学生の結集という手…

イヴァン・イリイチ『脱学校の社会』

すでにうまく学校化されてしまっている人々の中から、教育を目的としてふさわしい仲間同士を出会わせるということは、また異なった仕事である。お堅い雑誌類を読む人々の間においてさえ、そのような援助を必要としない人々は少数である。大勢の人々を、スロ…

懇親してきた

今日は幾人かの学友と懇親していた。相当頭を使い、疲れたが、全く世界観の異なる相手とじっくり話し込んでみるのも良い経験ではある。世界観が異なるようでいて、目指す方向性が正反対のようでいて、お互いに補完し合えるかのような欲望を持っているという…

卒業後のことをつらつらと

ふと思うが、私が卒業したら、この社研はどうなるのだろう。卒業自体はまだまだ先の話であるにせよ、このまま公然会員が代表のままという状態が続けば、代表が大学を去ると同時に、社研は自動消滅ということになる。 別にそのこと自体は、構わなかったりする…

冬休み合宿やります

夏休み合宿と称する連続学習会をやりましたけど、あれ、冬にもやろうかと思う。広報のやり方についてはもう少し工夫して、色んな方面にアタックしたい。 で、テキストなんだが、イリイチの『脱学校の社会』なんてどうだろうかと。イリイチ読書会というやつで…

特集を読んだけど

選挙以外のやり方で政治や社会状況に働きかけられないかを試行錯誤できるかってのは肝心要だよなぁ。友人がポロッと「今の世の中は選挙以外で意思を反映できる手段がないから(選挙に行くべき)」とつぶやくことがあったが、いやまずその状況をこそ問題にす…

双葉社『EX大衆』他(他が主)

最新号で気になる特集があり、散歩がてら近くの書店をめぐるも、見つからず。 聞いたことのない雑誌だから少々不安だったが、不安は的中してしまった。仕方なく通販で購入した。仮に図書館で入荷していたら該当箇所だけコピーできるわけだが…多分公的機関が…

ブラック組織について一言

代表は「社会問題について定期的に会って話せる自由な交流空間」形成を目指してサークルをつくったわけだが、これは組織を志向していると言い換えても構わない。 つまり、未組織の多数より組織された少数の方が「強い」(圧力団体とか組織票とか見れば一目瞭…

サイト更新

ちょくちょくサイトを更新している。相変わらず名前は日本語表示できないので検索しても引っかからないだろうが、徐々にサイト内の主だったキーワードが反映されるようになるだろう。 全体的に手直ししたのだが、追加した情報としては「文系読書日記」におす…

立花隆『日本共産党の研究』

まとめるとこういうことだ。政治の世界には相対的な真理しかないというところから議会制民主主義は出発する。ところが、共産党は政治の世界にも絶対的真理が存在し、かつ同時に自分たちがその体現者であるという二重の確信から出発する。歴史の示すところは…

サイト作成

一応、告知通りサイトを作成した(https://exnihilo1984.wixsite.com/eu-syaken2017)。 とりあえず一番作りやすそうなWixなるサービスを使用したが、昨夜から苦労しつつ楽しみつつ作り、完成間際で、重大なことに気がついた。 サイト名が日本語にできない。…

文集発行計画だが…

ずいぶん前に学生文集の発行を計画していたが、代表が数本小論文を書いただけで頓挫している。要はお互いの問題意識を競い合わせる場づくりという、先ほどの座談会企画と変わらない意義から始めたのだが、個人的に誘ってみたり持ちかけたところで、あまりポ…

交流会ならぬ座談会

も、いずれやってみたいなと。この場合の両者の違いは、交流会が話題不問のだべり場だが、座談会はある程度特定の問題に絞った議論の場である、という点にある。 立ち上げ以来、社研は学習会と交流会はそれなりに進めてきた。「保守王国」愛媛にもそれなりに…

学習会終了!

先ほど学習会を終えてきました。皆さんお疲れ様でした。 夏休み合宿以来の学習会でしたが、今回テキストは仮指定していたものの、事実上集まった学生で交流を数時間ぶっ続けで行っていました(笑)。話題はヘーゲルやニーチェなどの哲学から、「モリカケ」や…

学習会の追加情報

学習会についての追加情報。 日時は今週木曜日の昼13時以降。会場は城北地区の某所。メインのテキストは三島由紀夫『文化防衛論』ですが、特に規定は設けず参加者の歓談を行う予定(*参加者が自主的にテキストを推奨する等あれば、別途そのテキストを使う読…

学習会を開きます

明日からの一週間、どこかの日に学習会を開きます。多分。 「多分」というのは、今のところ参加者が代表の私一人だけだから。でも、一応読みたい本はあるので、やるにはやります。とりあえず以下のテキストを扱います。 ・三島由紀夫『文化防衛論』(評論集…

回顧と展望をまとめた

さっきまで、今までの活動の振り返りと今後の展望をまとめていました。 もう明日が早いので切り上げますが、我ながら色々動いているなあと実感。あくまでそれまでの自分と比べたらですが。 公認のカリキュラムでセコセコ評価されて認められることに励む馬鹿…

三島由紀夫「文化防衛論」

守るとは何か? 文化が文化を守ることはできず、言論で言論を守ろうという企図は必ず失敗するか、単に目こぼしをしてもらうかにすぎない。「守る」とはつねに剣の原理である。 守るという行為には、かくて必ず危険がつきまとい、自己を守るのにすら自己放棄…

古本市場に潜入!

2015年からほぼ毎年、松山で春・秋に開かれている古本市場「ブックマルシェ」に参加してきました! 来る度に人の集まりが増えており、今回も会場の混み具合は凄いことになっていました。いっそ大学の大教室でも使えたら良いのにと思います。 さて、会員の選…

外山恒一「総統に訊く」

ではどうすればいいんでしょうか? 「どうするも何も、状況を一変させる斬新で画期的な方法なんかないよ。世の中おかしい、変えなきゃいけないと思う学生が、まず自分の大学で一人でビラでもまき始める以外にない」 今どきビラまきですか? 「すぐ『ネットで…

他サークルと交流

学内の他サークルの方と交流しました。 いやあ、楽しかった。神楽という伝統芸能に取り組む同好会とのことで、お互い非公認サークルとして仲間集めに苦戦している事情を語り合いました。 その意味で、近く開かれる学祭は仲間集めの大きなチャンスだと思いま…

議論は大事、対話は大事

古くからの友人たちと「宅飲み」的な会合をした。お互い目指している進路は全く違っているが、それでも同い年の仲間意識をもって切磋琢磨している、という感を強くすることができた。 同世代の仲間。とくに社会派的な交流を定期的に続けていけるだけの人。そ…

イリイチ『脱学校化の社会』

今読みたい本がこれ。ずっと、管理/監視社会化の趨勢にムカムカしている。これを社会問題の一つだと考えている。この苛立ちはなかなか他者に伝えにくい。 単純な例え話をすると、街中に監視カメラが張り巡らされるとする。それに対して一方ではプライバシー…

生きてます

ツイッターでほぼつぶやいていませんが、一応会員は生きています。報告というよりつぶやき代わりまでにブログに。 何かツイッターって無言でフォローしたりされたり、いいね/リツイートしたりされたりで、双方向のコミュニケーションがあまりとれなくて(と…

選書ツアーの募集

会員がうっかり忘れてしまわぬよう、メモついでに告知します。 11月はじめ頃、市内某所で「選書ツアー」と称する古本めぐりを実施します。どうやら不定期で開催されている古本即売会が、この時期に開かれるという情報をキャッチしました。 会内でも「読書同…

9月以降の方針について

第2回学習会、終了しました。参加者の皆様はお疲れ様でした。前回に比べてやや少人数の開催でしたが、その分個々の対話をじっくり深められたかと感じています。 さて、このまま第3回の学習会を開きたいところですが、会員が9月末に私用があり、その準備に追…

第2回夏休み合宿の告知

第1回目の合宿が終了しました。暑い中お集まりいただいた皆様に感謝します。 会合では自己紹介を交えつつ、関心のある社会情勢、学問分野の諸テーマについて歓談することができました。 これを機に、ますます本会の活動を充実させていけたらと思います。 さ…