愛媛大学社会問題研究会

愛大社研。現代社会の諸問題について自主的に学び合うサークルです。普段は読書会や茶話会を実施。ブログでは活動の告知や報告などを行います。詳しくはhttps://exnihilo1984.wixsite.com/eu-syaken2017

9月以降の方針について

 第2回学習会、終了しました。参加者の皆様はお疲れ様でした。前回に比べてやや少人数の開催でしたが、その分個々の対話をじっくり深められたかと感じています。

 さて、このまま第3回の学習会を開きたいところですが、会員が9月末に私用があり、その準備に追われています。そのため、一度学習会は中断させていただきます。

 そのかわり、以前告知した「学生文集」の募集を改めて。下にチラシを掲載していますが、画像が荒くてほぼ読めませんので、今一度要項をお伝えします。

 

 本会は、文系の諸分野(人文社会)に関心のある学生が学習会(読書会)等の活動を通して交流を進めています。今回は文集作成にあたって、学生自らが文章を書き、それらを一緒に読み合うことで、交流を目指そうとする企画です。

 といっても、別に専門的な難しい研究論文を書こうという話ではありません。むしろエッセイを書くような気楽な気持ちで、様々なテーマについて普段感じ・考えていることを文章化して表現したい、そんな素朴な方向性を想定しています(決して論文形式の寄稿を拒むわけではありません)。

 文章のテーマは原則自由です。哲学的抽象的な議論であったり、時事や社会問題についての考察であったり、あるいは好きなサブカルチャーを語る談義や、日常の大学生活で気になることの雑感や、読書感想文など…。

 現在、応募できる文章の枠は3つ程度あります。おおむね10月いっぱいを使用して作成にとりかかりたいので、この時期を目安に、関心のある方や、文章を書いてみたいと思う学生さんはexnihilo1984@gmail.comまでお知らせください。

 何はともあれまずは対話してみませんか(ただ組織基盤が脆弱なため、対応は愛媛県内に住む学生に限定させていただきます。旅行や帰省で立ち寄る場合もOKです)?


f:id:ehime_radical:20170903204838j:image